短期留学における成長

短期留学に対して、世間は好意的にとらえる場合と、そうでない場合とに二分されています。

前者は、昨今のグローバル化から、日本のみを知っていてはもはやついていけず、より良い教育のためには、少しでも海外を知る必要があるという観点が色濃く反映されています。他方で、後者は海外を知るといえども、その国の文化や言語などを表面的ではなく、より深く理解することが必要だとし、そのためには長期の留学が必要となるという立場を示しています。どちらもうなずける理由ではあります。

しかしそれぞれによって得られる力は、共通している部分もありますが、根本的には異なっています。短期留学においては、言語取得、文化接見ということももちろん重要なものですが、最も重要視されるべき、そして鍛えられる力はコミュニケーション能力です。初めは、言葉も通じず、頼れる人も少ない土地において、自分の力だけではどうにもならないという状況に陥ります。

しかしその中で、何とか現地の相手に自分の意思を伝え、信頼できる相手と共に日々を過ごすということを通じて、あたらしい環境や、自分と根本的に違う人に対して物怖じせず意見を発する能力というものが培われることは間違いありません。このように、短期で海外に行くことは、学問的な側面もさることながら、精神的な面での成長に大きく寄与するのです。もちろん、その後に言語力を発展させていきたいなどの目的があるのであれば、より長期の留学が必要となるかもしれません。しかし、その足掛かりとして、あるいは、人間力の向上としての短期留学は大きな意義を持つものだといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *