アメリカで留学先を選ぶ際に気をつけたいこと

今でも留学渡航先として人気が高いアメリカですが、映画や海外ドラマから受けるイメージでアメリカという場所を想像していませんか。

アメリカは広大な国、どこに行くかで雰囲気が全く違ってきます。もしアメリカへの留学を考えているのならば、学校を決める前にいくつかのことに注意を払ってみましょう。まず、行きたいと思う学校のある街がどの程度拓けている場所なのか知っておくことが大切です。学校側が、都市、と言っても、実際に行ってみると日本人の感覚からはとても「都市」とは思えない場合もあります。

私が留学した先はジョージア州の街でしたが、学校の資料によると「都市」のはずが、実は小さな田舎町で、日本の都会から行った私にはなかなか馴染むことが出来ませんでした。気に入った学校を見つけたら、インターネットでその街が自分に合いそうかどうかを調べることをお勧めします。また、学校がある場所の危険度を調べることも必要です。アメリカの「危険」は日本の「危険」とは比べ物にはなりません。

街が危険でもキャンバス内の寮に入るから大丈夫、という人もいますが、それでもやはり買物や食事に出かけることはあります。安心して楽しく海外生活を送る為に、より安全な地域にある学校を選ぶと良いでしょう。もう一つ気にかけてもらいたいことは、学校の人種率です。白人ばかり、黒人ばかり、と偏っている学校は東洋人にはなかなか馴染めないかもしれません。白人率が多くなってしまうのはしょうがないことですが、人種が混ざっているタイプの学校や留学生が多い学校を選ぶと早く馴染むことが出来ると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *