留学しなくてもTOEICスコアをアップさせるには

就活生にとって留学は有利になると言われていますが、多くの学生が目指すのはTOEICスコアを上げることです。

半年から一年、あるいはもっと短期で語学留学をして帰国後に英語力を上げるのはそれほど難しくないでしょう。でもそれにはやはり費用がかかります。親御さんには頭の痛いところです。東南アジアへの語学留学も欧米に比べ安く人気がありますが、学校の環境によって勉強への集中度も違ってきます。田舎の学校では缶詰になり勉強できる学校がある一方、市街地で便利な学校は遊びの誘惑があります。また、日本に比べて治安の問題も心配です。留学してもしなくても、結局勉強するのは本人の問題です。

強い動機を持ち、講師を含めた環境をどう使い倒すかにかかっています。では留学しなかった場合、どうやったらTOEICスコアを上げられるかについて考えてみます。これはあくまで一例ですが、英会話学校のTOEIC受検対策コースを受講します。ひとりではくじけそうになるところを伴走してくれるのがこうしたコースです。こうしたコースの講師はネイティブではなく、外国語として英語を学んだ経験のある日本人講師です。

質問は日本語でもできますから、理解も深まりやすいです。テストは正面から英語そのものだけを勉強していればいいかというとそうではありません。場慣れしておくことが非常に大切だからです。ですから、毎月か隔月でもいいので実際にTOEICを受検してみます。リスニング力だけではなく、回答する際の集中力や瞬発力、持久力も必要なので受検は練習になります。実際にスコアが出てきますから勉強の励みになります。努力すれば報われるのが語学ですから、やった分だけきっと成績が上がり、ますますやる気になるでしょう。なので、望みのスコアを手に入れたければ何度も受検することもスコアアップの大切なコツと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *